開店祝いのお花のことならおまかせ下さい

開店祝いにスタンドの花が向くのは、お店の前に十分なスペースがある路面店です。テナントやビルの中に入っている店舗は、飾るだけの十分な空間がありませんし、他店舗と隣接している場合は、邪魔になってしまうことがあります。スタンドの花は、新しい店舗の目印にもなりますので、お祝いに訪れた方にも分かりやすいですし、新規に顧客を開拓する場合は目を引くことから、店舗の宣伝や看板の代わりにもなります。開店祝いのスタンドには、祝というお祝いの文言とともに、贈り主の名前を書いた札を取り付けます。相手先の名前は省略することが多いです。お祝いの文言は、赤字や火事を連想し、縁起が良くないので、赤い字で記載するのではなく、朱筆にします。社名は濃い黒い字で記載するといいでしょう。当日は忙しいので、開店日の前日までには到着するように手配するのがおすすめです。

開店祝いに鉢植えの花やアレンジメントを贈る場合

テナントやビル内の店舗、事務所を兼ねている場合には、飾るだけの十分なスペースがないことがありますので、鉢植えの花やアレンジメントの花を贈るのが適しているでしょう。女性の職員や顧客が多い職場なら、ピンクや黄色、赤などの色とりどりのアレンジメントの花が喜ばれますし、固い雰囲気の店舗でしたら、白や淡い黄色、パステルピンクなどの穏やかな色調の鉢植えの花が好まれることがあります。後で片付けに困らないように、花粉や花びらが飛び散らないように配慮する必要もあるため、プリザーブドフラワーのように加工された花が喜ばれることもあります。レジやカウンターなどのちょっとした場所に置くことができるように、小さめの鉢植えにし、お店に彩りを添えてもいいでしょう。鉢植えやアレンジメントには、名刺大のメッセージカードを添えることが多いですが、こちらに記載する場合も赤い字は避けるように気をつけるようにします。

クリニックや美容サロンの開店祝いで注意すること

クリニックや美容サロンの開店祝いに使うには、花を贈るのに注意が必要です。クリニックは、具合の悪い方やアレルギーのある方が来院されることがあるため、香りの強い花や、花粉が飛散ることで、来院した患者がかえって具合が悪くなることがあります。また、美容サロンなどの場合は、香りが強い花を使うと、サロンで使っている香料がついているオイルなどの材料で、匂いがきつくなったり、一緒になってひどい匂いになることもあります。これらの場所に贈る場合には、長い間花が楽しめて、花が飛び散らず、香りも殆どないコチョウランや観葉植物などの鉢植えが向いているでしょう。コチョウランは、見た目も豪華ですし、幸せが飛んで来るという花言葉から、縁起が良いとされていますし、観葉植物も同様で幸せを意味する種類のものもありますし、後々の手入れも楽です。

イラスト付きでわかりやすく、お手入れのポイントをまとめていますので、普段あまりお花を触らない方にも安心してお花をプレゼントして頂けます。 お花の品質、制作、梱包には細心の注意を払っておりますが、万が一「花枯れ」「花折れ」「商品破損」などの不備があった場合は、同等の商品をご用意し、再送させて頂きます。(*商品到着後2日以内が対象) 開店祝いの花をお探しならLINK FLORISTへ